俺たちの戦いはこれからだ!

週刊少年ジャンプの打ち切り漫画レビューブログ

【1990年代~】週刊少年ジャンプアニメ化作品を振り返る その②

今回は1990年代の週刊少年ジャンプのアニメを振り返る、第2回目です

OVAから抜け出して今度はアニメ化ラッシュね。

「ジャンプアニメの黄金時代」と言われているときだね

OVAはまだもちろんあったけど、テレビに映画にいっつもジャンプだった気がするわ・・・。

アニメフェアとかで映画もたくさん作られてたもんね・・・。

 

※イベント用に作られた特別アニメ作品などは抜かしています。 

 

 

 

 1990年代~週刊少年ジャンプアニメ化作品を振り返る その②

 

 

1992年

 

 

幽☆遊☆白書

 

  • 放送期間:1992年10月10日~1995年1月7日
  • 放送局:フジテレビ系
  • 放送日時:土曜日18:30~19:00
  • 主題歌オープニング:微笑みの爆弾(馬渡松子)
    主題歌エンディング:ホームワークが終わらない(馬渡松子

【あらすじ】
毎日喧嘩ばかりの日々を過ごしていた不良中学生・浦飯幽助は、ある日、車に轢かれそうになっている子供を助けて死んでしまう。しかし、幽助の死は霊界にとって予想外の出来事であったため、生き返るチャンスを与えられ、その代わりに人間界で妖怪が引き起こす悪事を取り締まる“霊界探偵”として働くことを命じられる。

92年10月からフジテレビ系で放送が開始した、富樫義博原作の人気アニメ。

アニメも原作同様にファンから多くの支持を得て、93年「幽☆遊☆白書」、94年「冥界死闘編 炎の絆」の計2作が公開された。

アニメの制作はぴえろ

 

 

1993年

 

 

ジャングルの王者ターちゃん

 


  • 放送期間:1993年10月14日~1994年9月29日
  • 放送局:テレビ東京
  • 放送日時:木曜日19:00~19:30
  • 主題歌オープニング:HEARTの形状(B∀G)
  • 主題歌エンディング:VIRGIN LAND(アン・ルイス

【あらすじ】
アフリカのサバンナで幼い頃両親に捨てられ、偶然通りかかったチンパンジーのエテ吉に育てられた“ジャングルの王者ターちゃん”。そのため彼は、さまざまな動物の言葉を話すことができ、動物たちの能力をまねてパワーアップすることができる超人であった!今日もまたターちゃんは、自然と動物、そして、愛するヂェーンのために闘い続けるのだ!!

93年10月からテレビ東京系で放送が開始された。

原作は徳弘正也、制作はグループ・タック。 

 

 

 

SLUM DANK

 

【あらすじ】
中学校三年間で50人もの女の子にふられ続けた悲しい男・桜木花道。50人目の女子生徒に「私、バスケット部の小田君が好きなの」と言われたショックが尾を引いて、湖北高校へ入学してからも“バスケット”という言葉に異常に反応し、立ち直れずにいた。そんなある日のこと、一人の美少女から声をかけられる。「バスケットはお好きですか?」彼女は晴子。たちまち恋に落ちた花道は、一緒に登下校する日を夢見てバスケットのトレーニングを始める。ところが、晴子はバスケ部のルーキー・流川楓に憧れていたのだ!天才を自称する花道は、バスケットボール部に入部。恋のライバルである流川や、晴子の兄でキャプテンの赤木たちに触発されながら、次第に成長していく。そして、天才・仙道をはじめとする様々なライバルたちとの激闘。彼らとしのぎを削り、目指せ、全国制覇!

井上雄彦の人気マンガを東映がアニメ化。

93年10月からテレビ朝日系で放送が開始された。

94年「SLAM DUNK」「全国制覇だ!桜木花道」、95年「湘北最大の危機!燃えろ桜木花道」「吠えろバスケットマン魂!花道と流川の熱き夏」に4作品の劇場版が制作された。

 

 

 

ジョジョの奇妙な冒険

 

f:id:jump0707tan:20180720144148j:plain

  • 放送期間:1993年~1994年、00年~02年
  • 放送局:オリジナルビデオ作品

【あらすじ】
宿敵・ディオのいるカイロをめざして、紅海を経てエジプトに上陸した空条承太郎(ジョジョ)と仲間たち、いずれも”スタンド”という超能力を持つスタンド使いたちなのだ。助っ人にイギーを加え、砂漠を行く一行、イギーを降ろして飛び立ったはずのヘリが墜落しているのが発見される。操縦士は砂漠のん中で溺死・・!?ディオの差し向けたンドゥールとの戦いのはじまりだ・・・!!

荒木飛呂彦原作の伝奇アクションマンガのビデオアニメ化。

93年~94年にかけて原作第3部の中盤から後半を全6巻で映像化した、00年~02年には序盤から中盤までの物語も全7巻で映像化された、制作はともにAPPPが担当。

また、2012年からは第1部「ファントムブラッド」からテレビアニメシリーズとして放送が開始されている。

 

 

 

1994年

 

 

とっても!ラッキーマン

 


【あらすじ】
日本一ツイてない中学生・追手内洋一。そんな事とは無関係に、ある日、宇宙で大爆発が発生、宇宙人が続々と飛来し始めた!だが、そこへ地球を守ろうと一人の正義の味方が現れた! その名はラッキーマン。実力はないが、幸運度は宇宙一!洋一と合体して地球の危機に挑む!

テレビ東京系で94年4月から放送が開始。

原作はガモウひろし、アニメの制作はぴえろが担当した。

 

 

 

D・N・A2~何処かで失くしたあいつのアイツ~

 


  • 放送期間:1994年10月7日~1994年12月23日
  • 放送局:日本テレビ
  • 放送日時:金曜日17:30~18:00
  • Blurry Eyes(L'Arc〜en〜Ciel)
    シングルベッド(シャ乱Q

【あらすじ】

DNAが人に無意識の行動指令を与えることが解明され、DNAの書き換えによって人の行動を制御する技術が確立された、63年後の未来。63年後の未来は人口増加により、子供を2人以上作ったら死刑という法律が作られるほどの人口過密に悩まされていた。そんな時代に、女性を虜にするDNAの持ち主メガプレイボーイ(以下、メガプレ)が100人以上の子供を残していることが発覚する。

メガプレDNAを受け継いだ子孫たちにより人口増加に拍車がかかることを危惧した政府は、メガプレの存在を未然のうちに無かったこととすることを決定。“DNAオペレーター”葵かりんを過去の時代に派遣し、最初のメガプレDNAの持ち主である男のDNAを書き換えることにした。しかし、その男である桃生純太は、女にモテず、さえない、おおよそメガプレとはほど遠い人間だった。かりんは予定通りに仕事を果たしたはずだったが、実はDNAを書き換える弾(DCM弾)を取り違えており、純太はメガプレに覚醒する片鱗を見せ始めるのだった。

日本テレビ系で94年10月から放送が開始されら桂正和原作のアニメ。

95年にはテレビアニメシリーズの続き3話がOVA化された。

アニメの制作はスタジオディーンが担当。

オープニング、エンディングテーマ共に、ブレイク前である「L'Arc〜en〜Ciel」と「シャ乱Q」が初のアニメタイアップとして使用されている。

 

 

 

1995年

 

 

NINKU忍空

 


  • 放送期間:1995年1月14日~1996年2月24日
  • 放送局:フジテレビ系
  • 放送日時:土曜日18:30~19:00
  • 主題歌オープニング:輝きは君の中に(鈴木結女
    主題歌エンディング:それでも明日はやってくる(鈴木結女

【あらすじ】
天下分け目の一戦によって何度目かの戦国時代が終わり、平和な時代「EDO」を迎えた。しかしこの世から暴力はなくならない。不思議な技「忍空」を使う非情な残党から、みんなを守るため、忍空使いの風助は、元仲間でありながら対峙する。だが残党とは一体!?

桐山光侍原作の忍者アクション。

94年にジャンプイベント用映像「ナイフの墓標」で初めての映像化となった。

95年1月からフジテレビ系にてテレビアニメ版が放送開始。

7月には劇場版も公開されて人気を博した、制作はぴえろ