俺たちの戦いはこれからだ!

週刊少年ジャンプの打ち切り漫画レビューブログ

意外と知られていない?”少年ジャンプ”の電子版の話

あっ!今日は”月曜日”だ!ジャンプ買いに行かなきゃ!

え、ちょ、ちょっとまって!アンタ、まだ”コンビニ”とか”本屋”でジャンプ買っているの??

もちろん!ジャンプとチョコチップスティックパンを一緒にコンビニで買う・・・これが僕の一週間の楽しみなんだ!

チョコチップなんちゃらは知らないけど・・・・週刊少年ジャンプってわざわざコンビニとかに買いに行かなくても、”電子書籍化”されてるのよ?

え・・・・・・・・・ええええええええー!!!!!

やれやれ、でも意外とこのことって一般に知られていないのよねー。

 

 

毎週、買って読んでいる人ならばわかると思うのですが、週刊少年ジャンプって毎回買いに行くの面倒くさいですよね。

買っても1,2回読んだらもう読まないし、気が付くとどんどん家に溜まっていくし・・・。

でも、漫画の続きは気になるから買わないわけにはいかないし・・・・。

 

実は、週刊少年ジャンプって毎週電子書籍化されて配信されているんですよ。

 

ジャンプを毎週電子書籍で読めば、買いにいく手間も部屋中がジャンプだらけになることももうありません!

 

今回はそんな「週刊少年ジャンプ電子書籍の話。

 

 

実はもう電子書籍化は〇年前から始まっている。

 

 

ま、まさか週刊少年ジャンプ電子書籍で配信されているなんて・・・。

公式ページくらいでしか宣伝していないし、そもそも「少年ジャンプ」関係の公式ページなんて、なかなか行かないでしょうからね。

いやー、でもそれって最近の話でしょ?いつから?今年から??

アンタ本当に何も知らないのね・・・・もう4年も前から毎週配信されているわよ。

え・・・・・・・・・ええええええええー!!!!!

 

 

 

そうなんです、実は週刊少年ジャンプ電子書籍配信は2014年の9月頃から開始されているのです

初期の頃は、巻末の作者コメントが「ない」、情報ページが「ない」など紙版に比べると見劣りがちでしたが、好きな場所から読める”目次”機能が追加されたこともあったり、おまけがあったり、今では紙と同等、もしくはそれ以上のものに仕上がっています。

 

ちなみに電子版の特徴としてこんなことがあります。

 

電子版の特徴

 

配信開始時間:月曜日の朝5時~朝8時頃

価格:250円(定期購読だと月額900円∔増刊号)

紙と電子版の違い:記事や告知など一部が電子版には収録されていない場合がある。

アンケートはがき、その他懸賞、付録がない。

購入方法:少年ジャンプ+から簡単に購入可能。

おまけ:モノクロ版のほかに「ゆらぎ荘の幽奈さん」のフルカラー版が毎週掲載されている(2018年現在)、以前は「食戟のソーマ」でした。

 

配信開始時間は基本的に通勤・通学中に電車の中などで読めるように早朝に配信されています。

時々、日付が変わると同時に配信されることもあったので「必ずこの時間!」という確証はありませんが、大体朝の5時頃に配信されています。

価格は、250円なので紙と変わりませんが、電子版は”定期購読”することが可能です。

定期購読にすると月額900円で毎週ジャンプ本誌と+で「ジャンプNEXT!! 」「ジャンプGIGA」の増刊号も配信されるのでお得です。

そしてこれが紙と電子版の一番の違いかもしれませんが、やはり付録やハガキなどは当たり前ですが付いていません。

それと一部、広告写真などが収録されていないときがあります。

最近では銀魂実写映画の告知で「堂本剛」さんの写真が黒塗りにされていました。

そういったところの補充分なのかどうなのか、電子版ではおまけとして、そのときに人気のあるお色気漫画のフルカラー版が巻末に収録されています。

 

 

ふむふむ、定期購読はお得だしこれなら確かに電子書籍のほうがいいな!では、さっそく・・・

ちょっとまった!電子版は便利でいいけど、もちろんデメリットもあるからそっちも理解してから買うか決めたほうがいいわ!

・・・・こここ、この流れ・・す、すごい台本っぽい感じだ!

 

 

電子版のメリット・デメリット

 

 

メリット
  • 買いに行く手間が省ける。
  • 処分する必要がない。
  • 一度購入すればサービスが終了しない限り永遠に読める。
  • どこにでも持ち運べて読むことができる。
  • 定期購読は通常で買い続けるより100円お得なうえ増刊号も配信される。
  • アプリも配信されているので、公式サイトに行く必要なし。
  • 幽奈さんのフルカラー版はやはり嬉しい。

 

デメリット
  • スマホの画面サイズによって拡大が必要なときもあって手間。
  • 懸賞ハガキや付録がついていない。
  • 稀に大人の事情で一部広告が収録されなかったり、黒塗り箇所がある。
  • 実物のジャンプコレクションができない。

 

デメリットの一番はやはり付録関係でしょうか。

今年の7月に発売される「少年ジャンプ人生ゲーム」の追加ステージが今後、度々付録で付くことや稀に遊戯王カードも付くことを考えると、少し電子版だと寂しいかもしれません。

あとは使用しているスマホタブレットのサイズによって拡大が必要なときに少しストレスを感じるくらいでしょうか。

漫画はほとんど大丈夫だと思いますが、情報ページなどでは字が小さいときがあるので、拡大が必要になってくることがあります。

そして、今ではほとんどいないと思いますが、少年ジャンプを実物でコレクションしている人にはやはり電子版は絶対に向かないでしょう。

 

なるほどな~、付録も特に必要としてないから僕は電子版で良さそうだな~。

し・か・も・・・なんと電子版にはさらに”スペシャルなサービス”がついているわよ!

なにそれ!すごく気になるじゃないか・・・!

そのスペシャルサービスとはね・・・・なんと・・・

・・・・・・・・・・・・・ごくり。

・・・・・・・・・次回、詳しく説明するわ!!

・・・・・・ズコー!

 

 

電子版購入方法(スマホ)

 

最後に簡単ではありますが、電子版少年ジャンプの購入方法を簡単に説明したいと思います。

なお、スマホで見る方が大半だと思うので今回はスマホを使っての説明です。

 

 

①「ジャンプ+」のアプリをダウンロード

 

f:id:jump0707tan:20180622230607j:plain

 

アプリがなくても「ジャンプ+」公式ページなどからでも大丈夫ですが、利便性を考えるとアプリを入れて置いたほうが格段に便利です。

 

 

②アプリを開いたらトップページが表示されます

 

f:id:jump0707tan:20180622230651j:plain

 

を押すと、メニューが表示されるので「ログイン」を選びましょう。

 

f:id:jump0707tan:20180622230728j:plain

 

すると”新規会員登録”ボタンが出てくるので、登録を済ませましょう(無料です)

 

③登録して、ログイン後、トップページの右上にある「少年ジャンプ」の項目を選びます。

 

f:id:jump0707tan:20180622230826j:plain

 

④すると最新号の週刊少年ジャンプが表示されるので、この最新号だけ買うのか、今後は定期購読にするのか選ぶことができます。

 

f:id:jump0707tan:20180622230850j:plain

 

支払方法は、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクケータイ支払い、WebMoneyBitCashNET CASH、クレジットカードなど種類が豊富にありますが、定期購読の場合は、クレジットカードのみなので注意してください。

 

 

購入手続きが済むと、ジャンプがダウンロードされすぐに読むことができます。

 

 気になっている方は、試しに購入してみてはいかがでしょうか。

すごく便利ですよ。

 

公式サイトはこちらです

jumpbookstore.com