俺たちの戦いはこれからだ!

週刊少年ジャンプの打ち切り漫画レビューブログ

【打ち切り漫画レビュー】クロスアカウント

 

f:id:jump0707tan:20180427191503j:plain

 

こんにちは、takaです。

 

今回は2017年29号より連載が開始され、2018年7号に連載終了となった「クロスアカウント」のレビューをしたいと思います。

SNSでやり取りしていた相手が実は人気アイドルだったというSNS全盛期の現代の時代背景を取り入れたなかなか面白い設定でした。

また、女の子がとても可愛らしく描けていて、特に仕草や照れた表情など、たまりません。

作者の伊達恒大先生は変態だと思いました。

 

 

SNSを通じて知り合った相手が、人気アイドル

 

主人公・玉梨大地は、人から嫌われないように当たり障りのない態度を繰り返している内に、クラスメイトから”無害くん”と呼ばれる男子高校生。

 

f:id:jump0707tan:20180427215652j:plain

そうやって自分を偽るばかりに、友達ができずいつの間にか学校では孤独に。

「本当の自分を出したいけど、人前ではなかなか出せない」

もしかしたら、彼のように、そうお思いの方は多いのではないでしょうか。

かくいう俺も、「パンツを被り、裸で町内を走り回りたいな」「白目を剥いて両手でお尻を叩きながら跳ね回りたいな」と思っていますが、そんな自分を出すことはできずに、人前では真面目な好青年を演じています。

 

さて、そんな玉梨大地ですが、オタクという自分から表に出せない秘めた顔の他に、もう一つの顔を持っています。

それは、”ロバミミ”というSNSでフォロワーが3000人を超えるSNSの人気者ということ。

そんなある時、ロバミミに「良かったら僕と友達になってもらえませんか!?」というダイレクトメッセージが届きます。

その人物のアカウント名は”くそみそ男”

最初はそのアカウント名に驚いた玉梨大地ですが、”くそみそ男”とはアニメの趣味やゲーム、音楽の趣味が合い、メッセージでやり取りしていくうちに次第に仲良くなっていきます。

そう、その”くそみそ男”が、自身も大好きな人気アイドル”皐月菜乃花”とも知らずに・・・。

この物語は、そんな玉梨大地、くそみそ男こと皐月菜乃花、そして、幼馴染の高峰真麻の三角関係が中心となって進んでいきます。

 

玉梨大地がどんどん自分を出してカッコ良くなっていく

 

ある日、幼馴染でクラスメイトの”高峰真麻”が、クラスのオタク連中に脅されているという現場を目撃します。

f:id:jump0707tan:20180427201835j:plain

 大地は結局、その場から立ち去ろうとするのですが、ふと、”くそみそ男”とやり取りしていたときの言葉が頭の中に浮かぶのでした。

 

「自分がダメなんじゃない、ダメだって、決めつけて自分から逃げているからダメなんだ」

「勇気を出して、立ち向かおうよ!!」

 

その言葉をきっかけに、高峰真麻を助け出すことに。

そして、このこと出来事をきっかけに、徐々に”本当の自分”を出すことができるようになり、クラスメイトとも馴染んでいきます。

結局、作者がこの作品を通じて言いたかったことは、ここにすべて詰まっているんじゃないかなと感じました。

勇気を出す、自分から逃げないことで、人生は大きく変わる。

自分が学生の頃に読んでいたら、間違いなく心に突き刺さっていたと思います。

その後の玉梨大地の男らしく、カッコよくなっていく成長ぶりは見どころです。

 

 

女の子の照れた顔や仕草の描き方が抜群に可愛い

 

もうひとつの見どころとして、女の子の照れた顔や仕草の描き方がとにかく可愛い。

f:id:jump0707tan:20180427210554j:plain

なんだこれは。

 

もしかしたら、作者はここに力を入れて描いていたのはないでしょうか。

絵を見るだけで感情がこっちにまで伝わってくるというか、心がギュンとするというか・・・。
画像のような大胆な照れもいいのですが、主人公に気付かれないように照れている顔が個人的に大好きです。
そもそも人はこんなにも可愛く照れられるものなのですかね。
俺なんか「うっへへへ」と気持ち悪く照れてしまうタイプなのでこれを見て、可愛い照れ顔を勉強しようと思います。
こう、眉毛を片方だけ上にあげて、上目遣いで・・・きょとん、きゅん、みたいな。

しかし、本当に可愛く描けています。
”照れた顔描かせたら選手権”を開催したら、間違いなく上位に入賞することでしょう。

しかも作中には、こんな”照れた顔”が数多く出てくるという・・・。

多分、作者はこういう顔に快感を感じる”変態”なんだと思います。

ここにも是非、注目して読んでみて頂きたいです。

 

なぜ打ち切りになったのか

 

さて、最後に、なぜこの作品が打ち切りになってしまったのかというまとめです。

女の子も可愛く、ストーリーもテンポよく進み、学校行事も上手く絡め、「女子風呂に間違えて入ってしまう」「突然の雨で、女の子の服がすけすけに」などなどラブコメの王道をしっかり押さえていたにも関わらず、なぜ長期連載とならなかったのか。

 

これを理由にしていいのかはわかりませんが、読んでいるうちに「ジャンプという掲載雑誌が悪かった」というように思えました。

作品自体はとてもよくできていると思います、しかし、ジャンプで生き残るには、やはり主人公が地味すぎるので、何かしらの能力だとか、ずば抜けたものがやはり足りなかったのではないでしょうか。

もうジャンプの読者層がこういう地味な王道ものを望んでいないのかもしれません。

 

SNSでの出会いから始まる”という現代の時代背景を上手く取り入れた設定はとても良かったと思います。
現実にも十分に起こりえることなので、読んでいて「もしかしたら、自分もSNSでアイドルとやり取りをしているのかも」と思うとドキドキできますよね。

ただ、肝心の「SNSでフォロワーが3000人」の設定を最大限に生かすものが何もなかったのが残念でした。

フォロワー数を使った面白い”何か”を序盤から上手く、話の部分部分に入れることができればまた変わったのかもしれませんが、この設定自体が皐月菜乃花との出会いの部分でしか上手く使われてないのも勿体なかったかなあと。

でも、そもそもの主人公の最大の長所が「SNSでフォロワーが3000人」はジャンプだと地味すぎますものね。

例えば「クシャミをすると女性の洋服がすべて消し飛んじゃう」だとか、それくらいのインパクトがないと、今のジャンプでのラブコメは難しく思えます。
ジャンプ側も看板として育てるには、「これだ!」という武器を見出しずらく、プッシュできなかったのでしょう。

 

一方で、サンデーやマガジンなど、王道ラブコメを大事にしてくれる他の少年誌だったらプッシュもあり、今回よりは息が長かったはずです。

ブコメとしては、いい作品なので「王道ラブコメが読みたいな」と思ったら、この作品を手に取ってもいいかもしれません。